ネット予約
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
歯科用ユニットウォーターライン除菌装置

診療案内

【平日】
10:00~13:00 14:30~20:30
(最終受付:20時)
※土曜/18:00まで

※日/9:00~18:00
※休診日/祝日

採用情報
ブログ

矯正歯科

矯正治療は歯並び・噛み合わせが悪く、虫歯や歯周病になりやすかった歯を正しい歯列に矯正する事で健康にします。矯正治療を行うにあたり、重要なことは「単に見た目の美しさ」を手に入れることではありません。口腔内全体の視野に立ち、顎関節や筋肉、靭帯、歯周病、虫歯治療といったトータルでの治療が必須です。

大人になってからの矯正治療

最近では大人になってから矯正治療を始められる方も多くなってきました。ひとつには治療期間を短縮できる方法や、目立たない装置が開発されたことも要因かもしれません。基本的に矯正治療は何歳からでも始められます。綺麗な歯並びに治すことで噛み合わせによる顎の負担を減らしたり、歯周病予防に大いに役立ちます。


代表的な装置としてワイヤー矯正が知られていますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。

床矯正をご存知ですか?

床矯正治療は基本的に永久歯は抜かずに、顎を広げて歯を並べます。従来の矯正治療では、歯を抜くことで歯が並ぶスペースを確保して矯正をしていましたが、床矯正では主に小学生くらいの時期(特に低学年が有効)にプレートを装着し、顎を拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。これにより健康な歯を抜かずに矯正がしやすくなるのです。
また、使用する装置は簡単に取り外すことができます。もちろん装着時間が長いほど治療は早く終了しますが、食事や発音障害を生じる場合(国語や英語の授業など)は取り外します。1日に12時間以上、装着していれば治療可能です。