ネット予約
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
歯科用ユニットウォーターライン除菌装置

診療案内

【平日】
10:00~13:00 14:30~20:30
(最終受付:20時)
※土曜/18:00まで

※日/9:00~18:00
※休診日/祝日

採用情報
ブログ

予防歯科

歯科医院は歯が痛くなってから行くものと考えている方は多いと思います。しかし、歯の病気には初期の自覚症状が少なく、痛みに気づいたときには、病状が進行しまっているという場合が少なくありません。
当院では、半年に1度の歯科医院でのメンテナンスをオススメしております。定期的なケアを続けることで、ご自身の歯を一生涯保つことにつながります。

定期検診の重要性

日本人の70歳時の平均残存歯数は、他の先進国と比べても極めて低く、残念ながらたった8本といった結果が出ています(予防歯科先進国のスウェーデンでは20本)。日本においては「年を取ったら歯は悪くなって当たり前」といった感覚が、未だに強く根付いている証拠なのかもしれません。しかしそのまた一方で、多く自分の歯を残している人がいるのも事実です。その違いは一体何なのでしょうか?調べてみると、定期検診を「受けている」のか「受けていない」のかの違いだということが解ってきました。

上記の図からもお分かりのように、1~2ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメンテナンスを受ける事により、残存歯数が飛躍的に伸びるのです。悪くもないのに歯医者に通う。これは一見不必要で面倒なことのようですが、その価値を知りその気持ちよさを経験した人にとっては、生活の一部・習慣と成り得えます。自分の歯を自分で守る正しい習慣をぜひ身に付けましょう!

PMTCについて

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が専門の機具・機械を用いて、歯磨きで落ちない歯の汚れをきれいに磨いて汚れを取り除くことです。PMTCは「歯のエステ」とも呼ばれ、心地よいと感じる範囲の刺激で治療を行いますのでリラックスして治療を受けていただけ、お口の中はすっきりと爽快感も得られます。また、見た目も美しく、虫歯・歯周病予防にとても効果的です。