ネット予約
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
歯科用ユニットウォーターライン除菌装置

診療案内

【平日】
10:00~13:00 14:30~20:30
(最終受付:20時)
※土曜/18:00まで

※日/9:00~18:00
※休診日/祝日

採用情報
ブログ

矯正歯科

歯科治療の際には多くの場面で水を使用しています。治療中の注水や手術部の洗浄、滅菌、消毒など治療になくてはならないものです。特に消毒や滅菌、手術後の洗浄に用いる水は機能水と呼ばれる殺菌作用の働く特殊な水を用いています。したがって、水自体も細菌からの感染を限りなくゼロに近づけられなければなりません。


そこで当院ではユニット(診療台)内の衛生面を考え、治療に関わる工程で使われるすべての水を除菌するために「ポセイドン」と言う除菌装置で院内の治療水を全て機能水に置き換えています。除菌する際に薬剤を用いないので人体には無害です。

治療用ユニットに付着する汚れとは

歯科で使われる治療用チェア(以下、歯科ユニットと呼びます)の給水管の汚染は、1960年代から報告され、問題視されてきました。さらに、1990年代には、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。治療環境の衛生管理に厳しい米国においては、既に1990年代に、歯科治療に用いる水に含まれる『従属栄養細菌数』について、以下のように基準を定めています。
------------------------------------------------

•ADA(米国歯科医師会): 200 CFU/ml 以下
•CDC(米国疾病管理センター): 500 CFU/ml 以下
------------------------------------------------

衛生的な治療環境整備の遅れている日本では、平成19年にようやく、「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌が追加されることとなりました。その目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000 CFU以下(暫定)」となっています。

※厚生労働省のホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/kijun/ensotsuika.html


こうなってしまっては安全で清潔な治療を行うことは不可能です。
当院ではポセイドンを導入することにより残留塩素濃度を補正しデンタルユニットの給水管内の除菌能力を維持することで、より衛生的な歯科ユニットの給水環境を実現しています。

「ポセイドン」の仕組み

ポセイドンは一切の添加物を加えることなく水道水の残留塩素濃度を調節し、1ppmから4〜5ppmまで高めた「電解中性機能水」を作り出す装置です。この機能水は、殺菌力を持つにもかかわらず中性なので人間にも自然にも優しい水です。つまり、人と自然に優しく、殺菌力のある電解中性機能水が医院の配水管内に流れ、細菌の繁殖を抑えることで、より衛生的な治療環境を保つことができるのです。