ネット予約
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
歯科用ユニットウォーターライン除菌装置

診療案内

【平日】
10:00~13:00 14:30~20:30
(最終受付:20時)
※土曜/18:00まで

※日/9:00~18:00
※休診日/祝日

採用情報
ブログ

小児歯科

お子様にとって歯の治療は決して楽なものではありません。当院ではお子さまが怖がらず楽しみながら歯の治療を受けることはもちろん、毎日きちんとハミガキをする習慣を身につけ、 虫歯にならない強い歯をつくることを目指して、ご家族の方と一緒になって取り組んでいます。

治療の際には出来るだけ子供の目線で話しかけ、リラックスさせるように心掛けています。始めは保護者の方と一緒に診療室内に入ってもらい、安心した環境の中で、痛くない治療・怖くない治療を目指し、最善の治療を心がけております。

乳歯の役割

乳歯はお子さまの発育にとって大きな役割を担っています。どうせ抜けるから虫歯になっても平気だという考えは大きな間違いです。ここでは、その乳歯の役割について簡単に説明させていただきます。

まず、乳歯は後から生えてくる永久歯に大きな影響を与えます。永久歯は乳歯の誘導によって生えてくるので、あるはずの乳歯が虫歯のせいで通常より早く抜けてしまうと、永久歯が正しく生えてこなくなるために歯並びがわるくなってしまうと言われています。
乳歯は、一般的に前歯が6歳から8歳くらいにかけて、奥歯がだいたい10歳前後から12歳くらいにかけて生え変わっていきます。この成長期の間に、子供は噛む事で発達に必要な栄養素を効率よく吸収し成長していくので、虫歯で歯が抜けてしまうと成長に大きな影響が出てしまうと言えるでしょう。

また、幼児期は多くの言葉を学習していく時期でもあります。歯が健康である事で正しくはっきりした発音が可能になるのです。 このように、お子さまのお口の健康は成長に大きく影響することが多々あります。早期発見や予防のためにもぜひお子さまにも定期検診をおすすめします。

フッ素塗布について

フッ素塗布とは、虫歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによって虫歯を防ぐという方法です。

乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は柔らかく磨きにくいので虫歯になりやすいのです。完全に硬くなるには生えてから2~3年かかると言われています。そこで、早くに歯の質を硬くし、虫歯になりにくい歯にするためにフッ素を塗布します。 フッ素は、強い歯を育てるための栄養剤です。年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に酸に強い歯を育てていきます。

シーラントについて

シーラントとは、歯ブラシの届きにくい奥歯のかみ合わせ部分の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防です。シーラントは一般的にお子さまの第一大臼歯に施される事が多くあります。それは、お子さまの第一大臼歯が5歳から6歳頃に生え始め、奥歯で磨きにくいうえに、この時期のお子さまでは自分で十分な歯のケアができないことが多く、とても虫歯になりやすいためです。
シーラントが虫歯予防に効果的とはいえ、正しい歯磨きをしなければ虫歯になってしまいます。予防と日頃の正しい歯磨きを組み合わせることで、お子さまのお口の健康を維持していきましょう。